ペットを買う時は良心的な業者を選びましょう

良いペットショップの選び方

可愛い子犬や子猫、小鳥が展示販売されているペットショップは、眺めているだけでも楽しいですよね。出会った子をすぐに連れて帰りたくなってしまうでしょう。しかし、ペットは10年~20年生きる家族になるのですから、慎重に選んで決めてください。

ペットショップで買う場合は、そのお店が良心的な飼育方法を採用しているか、よく確認することをおすすめします。展示されている動物たちの目やお尻の周りが汚れていないか、幼すぎないか、ケージは小さすぎないか、清潔に保たれているか、よく観察してみましょう。

良心的なブリーダーから買おう

ペットショップよりも確実なのが、その子が生まれた場所から直接、買うことです。飼育環境を見学させてくれるブリーダーもいます。

健康な両親から生まれた子であること、きょうだいの子に異常が出ていないこと、愛情たっぷりにのびのびと育てられたことは、飼育場所を見学し、親犬と一緒にその子を育ててきたブリーダーと話せば、よくわかります。

ブリーダーのなかには、高く売れる子を作るために親犬・親猫に過酷な繁殖を強制したり、遺伝病が発生しやすい組み合わせの繁殖を行っていたりする、悪質な業者もいます。お迎えする子の繁殖の現場を自分の目で確認するのがベターです。

ペットを買う時の注意事項まとめ

ペットショップやブリーダーからペットを買うことができます。ペットとは家族として長いおつきあいをすることになりますから、良心的な販売業者を選びましょう。展示販売をしているペットショップでは、飼育環境をチェック。できれば繁殖の現場であるブリーダーのところへ出向き、両親きょうだいや飼育環境も確認したうえでペットを迎えるのがベターです。

東京には多くのペットショップがあり、人気の高い犬や猫をはじめ珍しい動物を販売しているペットショップも少なくありません。そういったことから、関東地方で子猫販売なら東京で探すと良いでしょう。