室内の温度上昇を防止するだけではない!?壁面緑化の働き

エアコンの使用を低減したりクールビズを推し進める

夏になるとエアコンを当然のようにつけるところが多いですが、そのために二酸化炭素の放出が進み、地球温暖化に発展しています。そのような状況下で、最近ではエアコンの使用を抑えるといった企業の動きとしてクールビズが浸透しており、気温が高い時期にはエアコンの使用や設定温度を抑えて気球温暖化に歯止めをかける動きが一般的になっています。二酸化炭素発生の防止という手段以外にも最近では二酸化炭素を酸素に変えるために動いている企業も多くあります。

室内の温度上昇を防止する作用

その方法として有名なのが壁面緑化です。ビル等の壁に植物を這わせることで、太陽光がビルの壁に直接当たることを避けることができるため、ビルの室内温度の上昇をさけることができます。それにより室内で使用するエアコンの設定温度は通常よりも低く設定することで十分な涼しさを得ることができます。壁面緑化には室温を上げるのを防ぐ以外にも別な働きがあります。それは植物ならではの働きであり自然なことです。

二酸化炭素を酸素に変えること

それは二酸化炭素を減らすということです。壁面に這わせた植物は自然の摂理として二酸化炭素を吸収して酸素を吐き出します。つまりそれにより二酸化炭素を減らして酸素を増やすことができます。地球温暖化の主たる原因が二酸化炭素の量が増えていることであればそれを減らすことによって地球温暖化に歯止めをかけることができます。壁面緑化は単にビルの室内の温度を上げないという効果以外に、地球温暖化の根本から進行を防ぐ働きがあり、特別なことでもなく誰でもできることなのです。

壁面緑化は、建物の壁面に植物などを育成することで、太陽光を遮断するなどして冷房の効果を上げるなどの働きをしています。