こんなにあるの!?ブラインドの種類と主な特徴について

べネシャンブラインド

横文字で表記すると馴染みがないように感じますが、こちらは一番メジャーな横型のブラインドのことを指しています。

水平に組まれている羽部分の角度を変えることで、太陽光や風の入り具合を調整できるような仕組みです。

バーチカルブラインド

こちらは、縦型の羽が採用されているブラインドのことを指しています。

光や風の入り具合の調節方法はベネシャンブラインドと同様ですが、布製のものが多いことから横型ブラインドよりも部屋の印象をスッキリさせてくれるのが特徴です。

スタイリッシュなロールスクリーン

近年よく目にするようになったのがこのロールスクリーンです。

こちらは羽がないので、芯に1枚の布が巻かれていてそれを上下することにより光の加減を調節します。

光や風の入り具合の調整に関する自由度はやや劣りますが、プライバシーを守るという観点から見ると最も有効なブラインドです。

木製のウッドブラインド

その名の通り、木製のブラインドのことを指しています。

構造は通常の横型のブラインドと同じですが、木目で窓辺を覆う部屋全体がとても高級感のある感じに仕上がりますし、和室に利用しても違和感がありません。

カーテン記事でできたローマンシェード

最後にご紹介するのは、ローマンシェードです。

こちらはブラインドと構造は同じですが、素材がカーテン生地なので布で出来たブラインドだと思ってください。

ロールスクリーンはすき間がないのでシャープな印象を持たせますが、ローマンシェードはロールスクリーンより柔らかい印象になります。

通常のブラインドとロールスクリーンを足して2で割ったようなメリットを持ちますね。

部屋のイメージを一新したいとき、オーダーのブラインドなら色、素材、サイズが豊富で理想のインテリアにぐっと近づけます。