動物病院でも相談できる?セカンドオピニオンの方法

ペットに健康でいてほしいから

ペットは家族同然、少しでも調子が悪そうならば病院で連れて行くという人は少なくありません。しかし、主治医の見立てや治療方針に関して疑問がわいた時、「他の医師でも同意見なんだろうか?」と考えてしまうことがあります。特にペットは人間のようにしゃべることができませんので、慎重に治療を行っていきたいものです。そんな時には、セカンドオピニオンを利用してみましょう。

セカンドオピニオンって?

セカンドオピニオンは人間の病気の治療時にも行われているもので、簡単に言うと「他の獣医師に意見を聞く」というものになります。治療を行っているけれど病気が一向に良くならない、高額の治療をすすめられたというような場合に、今の治療法で問題はないのか、別の治療法があるのではないか、というようなことを、他の獣医師に聞くことで、ペットの治療の選択肢を広げていくことができます。

主治医とセカンドオピニオンを依頼した獣医師の意見が一致すれば、その治療で間違いがないんだという確信を抱くことができますし、実際には全く違う病気が隠れていて、それが原因で現在の不調が起こっていた、ということがわかることもあります。

主治医に失礼に当たるのでは?

多くの人が心配するのが、セカンドオピニオンを行うことで主治医の心証を悪くしてしまうのではないかという点です。まずは主治医とペットの病気についてしっかりと話し合いをすることが大切です。疑問点をすべて投げかけ、納得のいく答えを貰えたのならばセカンドオピニオンは必要ないかもしれません。しかし歯切れが悪かったり、疑問が解消されない時には、セカンドオピニオンを行ってもいいのではないでしょうか。

市川の動物病院の治療実績にこだわりがあれば、経験豊かな獣医師にアドバイスを受けることはもちろん、新しい治療法のメリットを知ることがおすすめです。